2013年10月31日

ハロウィン

ここ数年で意識し始めたハロウィンイベント。
自分が小さい頃は何もなかったけど、子どもながらに「E.T」の映画をみて
外国ではこんな仮装するお祭りがあるんだ〜と思った記憶があるなぁ。
雰囲気を味わっているけれどそもそもどんなイベント?って思って
ちょっとウィキで調べてみると・・。

imageCAQNZEQU.jpg

ハロウィンは古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブを用いる)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては
「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。
家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。

・・・してもいいんだ!(笑)
今年初めて妹の家をデコってみた。めいっこがいるから衣装も♪
嫌がるところを無理やり着せてみんなで仮装してみた。(私は写真がかり)
めいっこも今はまだ1才7ヵ月だからトリック・オア・トリートと言えないけれど、
来年は報復されないようにおかしを用意しておこう。

がんちゃん



posted by hidamari at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | RE:LIFE研究室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック